読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CES 2017絡みのお話を。

注目は何と云ってもGH5なワケですけど(個人的に)、コレとは思いっきり逆の幾つかの製品が目を引きました。

 

EKTACHROMEの復活)

昨今のフィルム需要の増加に合わせて復活だそうで・・・ブームが去ればまた無くなりますか?

天邪鬼な意見ですけど、「昔の名前で出ています・・・」的な商売に何度裏切られたか!!

Polaroidの件は酷かった・・・2009年某社がPolaroidのフィルム生産やカメラの復刻を大々的に発表したが、どうだろう・・・Impossible Projectが生産する不完全で実用に耐えないフィルムが細々と生産されている(2019年のリース契約切れまで?)だけで、SX-70の復刻なんてどこ行ったんだろう。

 

胡散臭げな経歴を持つ会社(幹部)がノータリンなげーのーじんを使って昔のブランド名で宣伝を行う・・・典型的な、あれですよ。

当時自分のブログでも同じようなことを書いた(現在プライベートモードですから非公開)のだが、危惧していた通りの結末となった・・・。

 

KODAKも同じ香りがするのだが・・・。

フィルムなんてものは所詮は消費財なわけで、次々消費してくれなきゃ、販売継続でき何はずです。唯一大量生産している富士フィルムがラインナップを(特にリバーサル系)縮小している現在、本当に「EKTACHROME」が復活するか??

次の話題とも関連するのだが、復活するのは135フィルムだけではなかったのだ。

 

昨年登場のKODAK Super 8の実機登場?)

昨年のCESで2016年より生産とアナウンスされ、やっぱり(笑 出なかった例のヤツですよ。作動実機が展示された模様です。

コレに合わせてかどうか知らないが、EKTACHOMEのSuper8フィルムも出るらしい。

 

私が映像に興味を持ち始めた頃8mmはすでに市場から消えつつあった。

カメラ年鑑にELMOのカメラ、FUJICA ZX1000が載っていた記憶はあるし、店頭にSingle8のフィルムも普通に置いてあった。

しかし、全く触れることはなかった。

 

映画好きの友人は前出のFUJICA ZX1000は大学時代に手に入れ自主制作映画を作ったらしいのだが、私は一度ビデオで映画を作って以来、スチル一本となっていた。

 

しかし、8mmカメラ、あるんですよ・・・。

20年ほど前にフリーマーケットNikon R10 superを3000円で手に入れたのです。

最近までホントすっかり忘れてました。

数本フィルムを通したはずですけど、現像したか否かすら記憶に無いです・・・。

 

実家に仕舞ったままで作動を確認してないのですが、もしSuper8のEKTACHROMEが発売されたら、撮影してみたいな・・・。

 

例によってワケ分からん話になりましたけどEKTACHROMEの復活は嬉しいんです。けど、糠喜びになりそうで怖いです・・・。