読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KRC-X828+KGC-727の取り付け

昨日書いてから、取り付けを行いました。

FCのオーディオ交換は3度目なので楽勝!っと思ってたら、結構大変でした。

 

シフトノブ周りの台座、エアコン吹き出し口を外して其々に隠れているネジを合計四本外すとセンターパネルが外れます。古い車はこの辺がシンプルです。

オーディオブラケットのネジを外すと古いオーディオが外れます。

通常は配線キットを使って接続するだけで、既に非純正オーディオに交換してある車ではあっという間の作業なんですが、今回はここで躓きました。

 

FCのオーディオは純正で6スピーカーとなっており、フロントが4、リヤ2という配置なのですが、フロント側がデッキとは別のアンプで駆動されています。

購入時からフロントから音が出ない状態で、あれこれ調べてみると、ドアのスピーカー(ウーファー)のコーン割れと右側のアンプの故障が原因でした。フロントのアンプは要らんだろ!ってな訳で取り外し、配線引きなおしてフロント側のスピーカーはインパネ側の2個だけ接続(新品の10cmスピーカーに交換)しました。リア側は配線をそのまま利用して(少しだけ延長してますけど)BOSE 101RDへ変更してます。

 

従って配線キットのスピーカー端子はリア側だけなのですが、KRC-X828の配線がどれがどれだか判らない状態でした。最近のオーディオでは配線図が載ったマニュアルがpdfで公開されているのですが、KRC-X828は見付けられませんでした・・・。

バッテリーやACC、パワーアンテナなどに接続する端子は其れぞれタグがついてるので間違わないのですが、スピーカーが判りません。

 

結局オーディオが作動する状態にして、1組だけスピーカを繋いでテープを再生しながらフェーダー、バランスを調整して4組あるスピーカー端子が何れがどれだか判別しました。

30分程度で終わるだろ!!ってやりましたが、結局1時間程掛かってました。

 

f:id:Digitalnomado:20170127153554j:plain

これですよ!!これ!!

90年代のカーオーディオの雰囲気ですよ!!

嬉しくなってこの後チョットドライブしちゃいました・・・。