読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の日

・・・暑い・・・

例年の如くお盆など関係なく働いております。

別に忙しくも何とも無いのだから、休みにした方が良いのに・・・と思っているのは私だけのようだ。

この3日間のヒマさは人件費の無駄にしか過ぎないのは明らかなのだが。

 

此れだけ暑いと、庭木の水遣りも欠かす訳には行かない。

夕方6時を回ったころには日も当たらなくなるので30分程掛けて2日に一度は遣っている。汗だくになりながら。

 

ホースの片付けをしていると、見つけた。

f:id:Digitalnomado:20160816130153j:plain

 Nikon D810 + AF-S NIKKOR 70-200mm f4G ED VR

毎年夏の盛りに、1,2回見るハグロトンボ(メス)である。

濃い紫の羽根が美しいトンボである。オスは胴体が光沢のある緑色で更に映えるのだが此の時見掛けたのはメスであった。

羽根には蜘蛛の巣が付着していた。

 

我が家の庭には、ビオトープもどきがあり、睡蓮を植えてありメダカが放してある。

夏の間はメダカの産卵ラッシュで水草の間に子メダカが沢山発生(?)する。

放置しておくと殆どが親メダカのエサになってしまい、ほとんど増えない。

 

メダカ養殖してる訳ではないが、ここ数年メダカが減少しており、今年は子メダカ救出を行っている。

救出といっても、朝晩覗いて子メダカが居れば柄杓で掬って別に用意した小さな水槽へ移すだけである。

 

2~30匹は救出した。しかし順調に大きくなるのは半分程度だ。

先のハグロトンボのヤゴは見かけないが、時折他のトンボのヤゴがビオトープ内に見つかることが在る。メダカが食べられるのだが、これも自然であり、ほとんど放置している。自然界は厳しいのだ。